ニキビケア器具でなおる?

ニキビはなるべく触らない方がいいというのが日本の常識ですが、韓国ではニキビは潰すのが常識です。
ニキビを成長させることなく早期に膿を出した方が肌に負担がかからないという考えですね。
そのニキビを潰すための道具は皮膚科でも使われている「面皰圧子(めんぽうあっし)」という器具です。
量先端に穴があいていて、この穴をニキビに合わせてぐっと押すと、簡単に皮脂の塊や膿を押しだすことができます。
手で潰すと肌に余計な負担をかけニキビ跡も残りやすくなりますが、この器具を使えばわりとキレイに完治します。
ただ、使う前に必ず煮沸消毒をし、清潔な状態にしておくことが大事です。
そして患部をお湯で洗い、マキロンなどで消毒します。
あとはいつも通りのスキンケアをします。