住宅ローン審査甘いって本当?フラット35というのは民間の金融機関と住宅融資支援機構によって提供される住宅ローンです

住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。
厳しい審査が待っています。
とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はフラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。
という所を重点的に見る。
という点です。
フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。
自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、マイホームを購入する際には必ず住宅ローン審査をしなければいけません。
現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査に通過できない一番の理由は収入面です。
住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。
住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。
新生銀行の住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査はとても厳重に行われます。
審査結果が出るのは約1週間後です。
結果は電話もしくは口頭で伝えられます。
残念ながら審査が通らないと、新生銀行の住宅ローンは組めません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。
諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。
ローンの支払いをしている方の中で借り換えを考えているご家庭もあるかと思います。
借り換えとは、他の金融機関の住宅ローンを組み直す事です。
借り換えをすると、返済額が減る事もあります。
ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。
理由は、借り換えにも多少の金額がかかるからです。
無料で借り換えができる。
という所は少ないでしょう。
借り換えにはそういったケースも含め返済金額が解るシュミレーションを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。

住宅ローン審査基準甘い銀行は?自営業通る!【勤続年数と年収】